1. トップ
  2. 建設現場に掲げる

建設現場に掲げる旗やフラッグ

●建設現場に掲げる旗とは?

建築現場や工事現場では、安全旗や安全衛生旗、国旗にオリジナル製作された社旗を、3本1セットにて掲げる事が多く見られます。

それぞれには特徴があり、安全旗は白地ベースの生地に緑の十字マークがプリントされており、目で見る安全衛生と言った役割を果たします。特注オーダー作成と致しまして、社名入れ印刷などが行えます。

日本国旗は、日本国民の象徴として掲げられており、社旗も同様に会社のシンボルとして激安制作され、昨今では、どこの建築現場であっても掲げられております。また、旗を掲げる事により、団結力や帰属性等を 高める意味合いもあるとも言われております。

建設現場に掲げる旗の一般的な仕立てについて

建設現場に掲げる旗の一般的な仕立てイメージ

安全旗や国旗、社旗に共通して多く見られる仕立てとしては、生地がほつれにくい様に、布の周囲を三巻に折り返し縫製され、作成されます。

その後、オリジナルフラッグの左辺上部と下部に、旗の表と裏から、サンドウィッチする様に、レザーハトメと呼ばれる穴を開けて紐を通す仕立ても行えます。こうした仕立てが、特注オーダーにて格安製作を行う際には、一般的に多く見られます。

建設現場に掲げる旗の一般的な生地について

建設現場や工事現場に掲げられるオリジナル旗は、激安既製品として販売される物も多くなりますが、用途や設置期間によりは、特注オーダーにて格安制作し、社名入れ印刷やロゴプリントなどを施し、こだわりのある安全旗や国旗などを作成下さいます。

エクスラン
  • ●アクリル生地
  • ●生地巾1400mm

生地の網目が粗く、風が良く通る事で、屋外に設置された際、非常に、よくなびくと共に非常に安心できる強度を持っています。

テトロントロピカル
  • ●化学繊維生地
  • ●生地巾1800mm

格安既製品の国旗等にもよく使用される化学繊維生地で、のぼり旗等で一般的に見かけるポンジ生地の2倍ほど厚い素材です。

建設現場に掲げる際に使われる旗の種類

建築現場や工事現場では、安全旗や安全衛生旗、国旗に特注製作された社旗などが使用されます。

これらは、3本1セットとして掲げられる事が多く、国際的な掲揚方法に則って、掲げられております。

それは、向かって左側が最上位となる様に設置され、国旗掲揚の場合、相手国に敬意を払います。

そして、工事現場では常に旗のデザインが見えるように設置が特殊になっており、左面上下と右上の三か所にハトメを打ち込んで掲げると言った場合が大半となっております。

近年の社旗は、象徴として目立つ様、フルカラー印刷で、激安制作される事も多くなりました。

●社旗について

社旗サムネイル

標準比率である縦横2:3で、格安製作される事が社旗は多いです。

社旗の定番生地
  • ・エクスラン
  • ・テトロンツイル
  • ・天竺木綿

ご予算に応じてプリントから染色が行える生地などをお選び頂けます。

⇒社旗・団体旗のお見積りはこちら

●安全旗について

安全旗サムネイル

設置環境に合わせまして、オリジナル格安作成を行っております。

安全旗の定番生地
  • ・エクスラン
  • ・天竺木綿

一般的には、激安既製品が使われますが、緑十字の下に特注で名入れ印刷が行えます。

⇒安全旗のお見積りはこちら

●国旗について

特大サイズであっても、縦横3:2比率で制作される事が多いです。

国旗の定番生地
  • ・エクスラン
  • ・天竺木綿

世界中の激安既製品国旗を販売しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

⇒国旗のお見積りはこちら

  • お問い合わせフォーム
  • お見積もりフォーム

フラッグモールインフォメーション

データ入稿について

返品と交換について

納期について

送料とお支払いについて

運営会社について

 
ページトップに戻る